留守の家を誰かに貸そう|みんなで大家さんの存在はとても大きなもの
男性

みんなで大家さんの存在はとても大きなもの

留守の家を誰かに貸そう

セミナー

メリットとして何があるか

転勤などで数年間使わない家があるという方が結構いるかと思われます。そういう方はリロケーションという方法を利用して収入を得るといいでしょう。リロケーションとは留守にしている家を期限を決めて賃貸することになります。知らない人に自分の家を使ってほしくないと考える方がいますが、誰かに使ってもらった方が住宅の劣化のスピードを緩やかにするメリットがあるので、リロケーションは悪い選択ではありません。空気の入れ替えをしないとカビ等が発生してしまいますし、電気の漏電なども使わないと発生するので誰かに使ってもらった方が家を守ることになります。転勤から戻ってきた際は元通り自分の家を使うことができるので問題ないはずです。

リスク対策はどうする

リロケーションは空室が起こりやすいとも言われています。その理由はリロケーション物件は所有者の好みで作られているので、一般的な賃貸物件と比べると空室になりやすい問題があります。そのためのリスク対策としては、まず家賃をあまり高く設定しないことが有効です。安く設定すれば妥協して利用してもらえる可能性があるので、家賃はよく考えて設定することが大切です。周辺住宅の家賃相場を調べてから設定することで、より物件に見合った家賃を設定できるでしょう。また、サブリースを利用することも良いと思われます。サブリースは一度サブリース会社が借り上げて、それを他の人に又貸しするという仕組みになります。空室でもサブリース会社から一定の収入が入るので、リスク対策として考えてみる価値はあります。